So-net無料ブログ作成

AKB48 窓からスカイツリーが見える 写真集!! 激安情報♪ [AKB48]

AKB48の選抜メンバー6人が
新ユニット「Team Kishin From AKB48」を結成しました。

その新ユニットで写真集
窓からスカイツリーが見えるが10日発売です

コチラでも激安で売られています。

>>AKB48 窓からスカイツリーが見える


























































































































































ヤフーニュースから引用

写真家の篠山紀信氏(69)が、AKB48の選抜メンバー6人と新ユニット「Team KISHIN From AKB48」を結成した。10日発売の「窓からスカイツリーが見える」(小学館)のためにコラボレートした異色の“写真集ユニット”だ。

 メンバーは作品のコンセプトに合わせて総合プロデューサーの秋元康氏(54)と篠山氏が選んだ。チームAから倉持明日香(21)と前田亜美(15)、チーム研究生から大場美奈(18)、島田晴香(17)、竹内美宥(14)、森杏奈(16)の4人が大抜てきされた。

 記録的な猛暑に見舞われた今夏。建設中のスカイツリーが見える街に住む少女たちのひと夏の物語を写真でつづる内容。6人を「活発な少女」(島田と森)、「美しい姉妹」(倉持と前田)、「和服の似合う少女と少年のような少女」(大場と竹内)の3組に分け、それぞれストーリーが展開。衝撃的なラストが待っている。

 篠山氏は「AKBといえば“元気はつらつ”が代名詞だが、今回は誰も見たことのないAKBを表現した。多感な少女たちが抱いている不安や不条理、そんな心の負の部分を感じてほしい」と力説。秋元氏も「僕はこの写真集の中にAKB48の未来があるような気がした」とコメントし、Team KISHINに期待を込めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101009-00000048-spn-ent





10日発売の「窓からスカイツリーが見える」(小学館

共通テーマ:芸能

AKB48 beginner PVがグロい!! 地上波放送NGへ [AKB48]

AKB48 beginner PVがとにかくグロい。。
やはり地上波放送NGへとなりそう。

篠田麻里子、大島優子は体を潰されて
前田敦子は腕切断とグロPVだから放送はキツイかも。

ヘビーローテーションでの下着姿のキスは
放送出来てbeginnerのグロはNGなのか。。


>>AKB48 Beginner 全国握手会イベント_楽天オークション













































































































































引用がライブドアニュース

「じゃんけん選抜」で優勝した内田眞由美のシンデレラストーリーが話題のアイドルグループ・AKB48。同大会で、もう一つ大きな話題をさらったのが、内田がセンターを務める19thシングル(12月8日発売)の前にリリースされる18thシングル「Beginner」(10月27日発売/キングレコード)のPVだ。映画『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』『告白』で知られる中島哲也監督が手がけたこのPVは、ゲームの世界に没入する若者への警鐘を描いた衝撃的な作品になっている。

「痛みを通して"生"の意味を問う」というような中島監督のメッセージが集約されたこのPVについて、AKB48劇場通い4年10カ月の"古参ヲタA氏"は次のように明かす。

「じゃんけん選抜の武道館の会場で初公開された『Beginner』の曲調は、R&Bテイストで、昨年発売の『RIVER』以上にシリアスなメッセージ性のある曲です。PVでは、メンバーたちのダンスシーンのほか、メンバーたちが近未来的な世界でゲームをプレイし、自らの姿を模したキャラを操って、ゲームの世界のポリゴンCG風の敵と対戦。ゲーム内で篠田麻里子は体をグチャっとつぶされ、小嶋陽菜は頭を水平に真っ二つにされます。さらに大島優子、前田敦子も敵に挑み、大島が先に全身をつぶされ、前田は片腕を敵の武器によって押さえつけられますが、その腕を自ら引きちぎり、抵抗。そこに松井珠理奈が現れて、敵を倒すという流れになっています」

 ゲーム内のキャラクターなったメンバーと、それをプレイするメンバーがいるという二重構造で、両者は、『攻殻機動隊』のように脊髄で神経接続されており、痛みが実際に伝わる様子は『新世紀エヴァンゲリオン』の"A10神経"の設定を彷彿。前田が、神経接続部分を外し、手から血を流し、数十秒にわたって咆哮するシーンは、『エヴァ』の碇シンジの絶叫や、『エヴァ』と同じ庵野秀明監督の『ふしぎの海のナディア』のナディアの兄で、機械の体となったネオ皇帝の設定を思わせるなどSF・アニメ作品のオマージュも感じさせるPVとなっている。さて、ゲーム内のキャラクターという設定だが、アイドルが顔を真っ二つされ、腕を引きちぎるシーンはTVの地上波で放送はできるのだろうか? ある週刊誌記者は次のように明かした。

「TVの自主規制は強まる一方で、例えば『ドラゴンボールZ』(フジテレビ系)を再編集した『ドラゴンボール改』(同局系)が現在放送中ですが、孫悟空がラディッツを倒すために自ら犠牲となって、ピッコロの魔貫光殺砲で貫かれるシーンは、『Z』では体に穴が開いていましたが、『改』では、穴は開かず、やけどのような跡が残るだけなるなど、残虐シーンは修正される傾向にあります。また、ゲームの表現の倫理を審査するCERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)があるゲームの世界では『デッドライジング』(カプコン)で、海外版はゾンビの体が部分破壊されますが、日本版は手足がバラバラになる描写がないなど、残酷表現描写は修正されています。ですが、『ドラゴンボール改』も敵キャラであるフリーザが真っ二つにされるシーンは放送されたので、今回のAKB48のPVも結局は各TV局の有識者によって判断しだいでしょうね」

 現在放送中の農林水産省「めざましごはん」キャンペーンなど、行政機関のCMに出演し、『レコード大賞』(TBS系)も控えるタイミングであえて、"首チョンパ"ならぬ"顔チョンパ"や、腕をもぎ取るPVに挑むAKB48。自殺をテーマにした「軽蔑していた愛情」や友人の死と残された者の決意を歌った「否定のレクイエム」など常に死生観を問う作品を提示してきた秋元康総合プロデューサーの新境地ともいえる。互いを思いやるイマジネーションが欠如し、些細ないさかいで殺人事件が発生する時代に、『告白』でも世間を震撼させた中島監督が、痛みを通して、人間の根幹に迫るというメッセージ性の強いPVが世間にどう評価されるのか注目だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101002-00000564-bark-musi

共通テーマ:芸能
[PR]情報商材アフィリエイトの極意
ミツバチ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。